白内障や緑内障の原因を知り予防を行いましょう

医療福祉

  

原因を知る

白内障や緑内障を発症すると、最悪の場合失明してしまうことがあります。それを防ぐために、しっかりとそれぞれの病気について知っておきましょう。早めの対策が大切です。

この記事の続きを読む

症状とは

白内障、緑内障は異なる病気です。それぞれの症状について知識を得ておくことで、目や視界に異変を感じたらすぐに病院を受診することができます。初期症状がわかりにくい場合もあるので、定期的に診察を受けると良いでしょう。

この記事の続きを読む

治療法について

白内障は進行を遅らせる目薬や飲み薬、手術などで治療を行います。緑内障だと飲み薬やレーザー、または手術で改善させます。それぞれの病気によって変わるので、早期治療を行えるよう病院でしっかりと検査を受けましょう。

この記事の続きを読む

失明になり得る

白内障や緑内障は加齢によって起こるものだと思っている人が多いかもしれません。
しかし、40代といったまだ働き盛りの人にも起こり得る病気なのです。
白内障と緑内障は目の病気で、そのまま放置しておくと最悪の場合失明となる恐れがあります。
そうならないためにそれぞれの特徴や症状を知り、少しでも違和感を覚えたらすぐに病院を受診するよう心がけましょう。

ものを見るときにレンズの役割をする水晶体が白く濁ってしまう病気が白内障です。
水晶体の濁りは40代頃から始まるとされており、50代に入るとでものがかすんで見えるといった症状が出ます。
60代以上になるとさらに酷い症状になってしまうこともあります。
白内障は他の眼病がある人がなりやすいとされています。
そのほかには糖尿病や、重症化したアトピー性皮膚炎を患っている人に多いのです。
これらの病気がある人で、ものがかすんで見えたり光がとてもまぶしく感じたりする人は一度病院を受診すると良いでしょう。

白内障と異なり、緑内障は視神経が圧迫されることによって視力低下などを引き起こす病気です。
40歳以上の30人に1人が発症する可能性があり、失明してしまう場合もある病気なのです。
白内障と同じく目がかすんできたり、重たく感じるといった場合は病院で検査をすることをおすすめします。
緑内障は症状が悪化してくると視野が狭くなる、欠けてくるという恐ろしい病気です。
途中失明の原因で2番目に多いとされています。
早期発見、早期治療を行うためには、定期的な検診を行うことが大切なのです。