白内障や緑内障の原因を知り予防を行いましょう

医療福祉

  

症状とは

現在、パソコンやスマートフォンを使用する時間が長く、目を酷使している人が急増しています。
40代も半ばを過ぎると加齢から目の調節機能が衰え、老眼の症状が出てきます。
老化により白内障や飛蚊症といった眼病を併発するケースもあります。
生活習慣の中で多少でも出てくるこれらの症状は気が付きにくく、定期的に眼科で検診を受けないと、気が付いた時には症状が酷くなっていることもあるようです。
中でも緑内障は、眼圧の変化により視神経が圧迫され、視野が欠けてくる症状です。
眼圧に異常がない場合でも発症することもあります。
一度狭くなった視野は回復が難しく、早期発見が大切です。
特に40代を過ぎたら疲れているだけと安心せず、医療機関に相談しましょう。

眼精疲労の症状に、かすみや乾き目、充血などがありますが、気を付けたい症状の中に歪みがあります。
両目で見ていると気が付きにくく、片眼で方眼紙のようなマス目を見ると中心部が歪んで見えたり、視野が欠損している所があったりする症状です。
この黄斑変性症は、網膜の中心部にある黄斑部が老化により機能が低下し、進行すると失明の恐れもあります。
50代を過ぎた頃から発症し、70代、80代で最も多い病気の一つです。女性よりも男性の方が発症率が高くなっています。
日頃から予防をする為には、浴室のタイルを使って、入浴時に片目づつ中心部が歪まずにちゃんと見えているか確認する習慣を持つとよいでしょう。
毎日酷使している体には、定期的なメンテナンスが必要です。