白内障や緑内障の原因を知り予防を行いましょう

医療福祉

  

治療法について

目は、生活をしていくうえでとても大切な部分です。
しかし、最近ではインターネットやスマートフォンなどの普及によって、情報化社会となっています。
そのため、仕事でパソコンを長時間使用したり、自宅でもスマートフォンをずっと使用してメールやSNSなどをしていたりする人が増加しています。
そういった画面をずっと見ていると、目に負担がかかります。
目が疲れてしまうと、痛くなったり、重く感じたり、かすんだり、眼精疲労になったりとさまざまな疾病があります。
そうならないためにも、ずっとパソコンや携帯を使用しないで、目を休める時間を作ることなどの予防も大切になります。
眼を酷使しすぎず、眼の健康を考えなければなりません。

目の治療に携わっている人たちには、眼科医や看護師、薬剤師や製薬会社などの人たちが携わっています。
眼科医は、さまざまな症状の病気や治療に携わっています。
診療をしたり、手術をしたりします。また、眼科医院で働く看護師もいます。

その看護師たちは、眼科医のサポートをしたり、視力検査などのいろいろな検査をしたり、コンタクトレンズを合わせたりしています。
他に、医療福祉関係の病院では、薬剤師も眼科に携わることもあります。
また、製薬会社の人たちは、目薬を制作したり、さまざまな薬を研究や開発をして、販売をしています。
そして販売された商品は、病院や薬局などで販売されています。
このように、たくさんの人たちが携わっています。